当サイトについて

日々進化していくインターネット。そんな中様々なサービスや広告のカタチも増えてきている。
当サイトでは、そんなインターネット広告&サービスについて、どんなモノがあるのかをご紹介しようと思う。

インターネットの発達と人々への浸透

そもそも今日の日本のインターネットの基となったのは1984年に東京大学、東京工業大学、慶應義塾大学の3つの大学が互いに実験的にネットワークを結んだ“JUNET”であった。やがて多くの大学や企業の研究機関がこの“JUNET”に参加し、そのネットワークが広がっていった。1988年には、コンピュータの分散処理環境の構築とインターネットに関する研究開発のため、産学共同の研究プロジェクト、WIDEプロジェクトが発足し、日本で初めてIP接続によりインターネットに参加した。同年、NTTが日本の主要都市(全都道府県庁所在地)を結んだ光ケーブル網を完成させた。それは翌1989年にはアメリカの全米科学財団ネットワーク(NSFNET)へ接続され、このネットワークを使用し、大手コンピューター関連企業が独自のネットワークを構築し、日本におけるインターネット開発の基礎が形成された。

これにより通信の高速化とコストの大幅な削減に成功し、主要都市またはその周辺都市に於いてインターネットへ接続するための機器、OS等の開発が始まった。当時のインターネットの利用目的はFTPによるファイル転送とSMTPによる電子メール交換とtelnetによる遠隔ログインが主であった。

一般へ

1994年頃からRADIUS(Remote Authentication Dialin User Service)と呼ばれるユーザー認証を行う機器が市販されると共に、NTTによるINS1500のサービスが地方でも始まると、地方でもダイアルアップ接続用のアクセスポイントの開設が容易になった。地方の小規模な通信事業者に対し、大手パソコン通信事業者や、電機メーカー系を中心とした大手通信事業者も接続サービスを行い、一般個人や中小企業を対象としたインターネット接続サービスが身近なものとなる。ほぼ同時期に、Microsoft社がTCP/IPスタックを標準で搭載したWindows95を発売したことも普及要因のひとつとなった。

1995年に発生した阪神・淡路大震災でインターネットが有効利用されたことがきっかけで、日本において一般メディアでインターネットが取り上げられることが多くなった。同年の新語・流行語大賞のトップテンに「インターネット」が選出された。「ネット」という省略形で呼ばれるようになるのもこの頃からである。

利用者数及び年齢層

「財団法人インターネット協会」の調査では、2006年2月までの利用者は7,361万9千人。自宅にインターネット機器のある世帯は57.3%。また「ネットレイティングス」の調査によると、インターネット利用者の男女構成比は男性55.5%、女性44.5%とほぼ同じくらい利用している。年齢別では20代の利用者の構成比が減少傾向にあり、2000年4月の23.6%から2006年には11.9%と半減している。増加しているのは50代以上の8.9%→11.8%、40代の19.5%→24.%など、中高年層である。これは若い世代で先行していたインターネット利用が、全世代にわたり一般化したことによるものと考えられる。

一方、地域的に見ると、インターネットが広く普及しているのは東京や大阪などを中心とする大都市圏に限られる。地方でも一応回線が整備されてはいるが、都市部と比べて利用料が高いため利用をためらう者が多い。また、インターネットの利用を開始するにはプロバイダ会社との契約など手続きが必要であるが、プロバイダ会社が要求する複雑な手続きは、昔からパソコン関連の手続きに慣れている都市住民以外には理解が難しく、利用を開始したくてもできないのが現状である。

通信とサービス

ここまで説明したような理由によりその通信手段とオンライン上で利用出来るサービスは日々進化し続けている。主なインターネット利用手段としては以下のようなものがある。

主なインターネット利用手段
  • パソコン
  • 携帯電話・PHS
  • テレビ
  • ゲーム
インターネットサービス例
  • 検索エンジン
  • 通販サイト
  • ネット銀行
  • 電子掲示板
  • ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)
  • ナレッジコミュニティ
  • チャット
  • 口コミサイト
  • ネットニュース
  • メーリングリスト
  • ユーザーグループ
  • メールマガジン
  • 出会い系サイト
  • オフラインミーティング(オフ会)
  • weblog(ブログ)
  • Web日記
  • 仮想共同体
  • ソーシャルメディア

インターネット犯罪

このようなインターネットの普及に伴い、ネットを利用する犯罪も増加も問題となっている。

非合法な依頼を請け負う目的のウェブサイト制作も少なくない。

撮影された画像・動画の頒布が簡単になったため日本では児童ポルノの被害が増加しており、2005年の1月から11月にかけて体を撮影された18歳未満の被害者は238人で、これは2004年同期の3.4倍である。ネットを介して流布される児童ポルノは誰でも簡単に入手してしまう事が可能なため、一部の自治体では撮影者だけでなく、児童ポルノの頒布を幇助する者や児童ポルノの単純所持者も摘発出来る条例が制定されている。

この他にも、違法行為を助長し合う為に開設されているコミュニティサイトも数多く存在する。

また、子供までもがインターネット犯罪の被害に遭うおそれがあるため、学校ではインターネットとの付き合い方を教える授業が行なわれたり、各所でフィルタリングソフトの普及が図られているが、授業内容が万全でないなどこれだけで対応するのは限界があるとの声も多く、インターネット自体の大幅な規制も危惧されている。

ネットを介してトロイの木馬やコンピュータウイルスの感染が広まることにより、個人情報が流出したり、データが削除される被害もある。近年では携帯電話に感染するウイルスも発見されている。